CRC解体工法低振動・低騒音解体

解体工事をするにあたって、周辺環境への配慮も私たちの重要な役目。
そこで低騒音・低振動の、人や環境にやさしい「CRC解体工法」を導入しています。

「C+R+C」の組み合わせによって行うCRC解体工法は、ブレーカーによる解体やハツリなどの従来工法と比較して騒音・振動・粉じんが少ない工法で、アタッチメントコアーマンにダイヤモンドビットを取り付け、スピンドルを回転させながらコンクリート造の建造物や工作物を削孔して対象物を解体します。機械は小さく仕事は静かに大きく、が可能となり、ビルや橋、コンクリート構造物、道路などの建築や土木分野での活躍も期待されています。

C(コアーマン) : 油圧穿孔機
ショベルの油圧を動力源にするので電源不要。
自由自在に動かしながら、低振動で静かに穴あけが可能です。

R(リキヤ) : 油圧割開機
コアーマンであけた穴に差し込み、中から静かに押し広げていきます。厚く大きなコンクリート構造物や岩盤破砕に威力を発揮!

C(クラッシャー) : 油圧圧搾機
コアー穴を利用して、効率よくつかんで静かに砕く優れもの。